HOME > 会長挨拶

会長挨拶

 事故技術研究会は公益社団法人日本技術士会の登録グループとして、 永年にわたり、損害保険会社や鑑定人会社および裁判所や弁護士からの依頼で 各種事故や災害の技術鑑定業務を行っています。

 当会の会員は20名で全員技術士であり、一級建築士もおり、関係する部門は、機械・電気・化学部門など多岐にわたっております。会員は理工系大学、大学院、工業専門学校の卒業生であり、現役の大学講師や名誉教授も含まれております。即ち我々技術士はエンジニアであり、同時に科学者としての素養を持つ者でもあります。お客様から頂いた案件は事故や災害の原因究明や見解をお出ししますが、その殆どがお客様から渡された資料や現場検証、或いは試料の分析結果から、今迄世に出ている本や論文に載っていることだけではなく、担当者が鋭い視点で原因の本質を探しだすことがキーとなっている仕事です。ですから、事故技術研究会の会員にとっては、案件の調査は技術者魂、科学者魂がメラメラと湧き出し、目がキラキラと輝く源泉となっており、見解書を完成した時、会員自身が満足感を得る時でもあります。

 事故技術研究会は定例の会合を月1回開催し、それぞれが経験した事例についての意見交換、損害保険に関する勉強会、 裁判における鑑定人の立場や鑑定書の書き方等の講習等も行って、総合的な技術レベルの向上を図っており、依頼主の方々に信頼される会としてさらに研鑽しています。

 当研究会の特徴は会員それぞれが個人事業主として、依頼を受けた業務を独立して行っています。専門以外の案件が来たときは、それを専門とする会員に紹介し、紹介された人が責任を持って業務を完結するようにしています。また、担当技術士は永年の業務経験に基づき、 公明正大・公平な判断を行うのをモットーとしております。事故や災害の原因を明確にし、適正な見解を提供しています。その際、依頼主との守秘義務は厳格に守っています。

 お客様の皆様にはこのような情熱を持った事故技術研究会に、お仕事をご依頼いただければ、必ずやご満足いただける結果をお届けできると確信しております。今迄に扱った案件の一部を表にしてホームページに掲載しております。また、幾つかの実施例も掲載しております。皆様のご参考になれば幸いです。

事故技術研究会会長 金川護
令和3年9月吉日

このサイトは事故技術研究会のwebサイトです。